<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

そこにあることが

わたしのせかいで
あなたが
どうしても
どうやっても
なにをやっても
いちばんで
ちょっとしたはつげん
ふとかんがえること
ちいさならくがきなんかも
すみずみにあなたのえいきょうがみてとれる

ちてきなところも
やさしいところも
わたしだけのえがおも
ぜんぶ
すごい
っておもう

そこにあることが
ぜんぶ








[PR]
by Rhymechang | 2016-09-30 01:29 | Others

つまり僕がとめどないなら

画面見るのキツくても
綴りたいときには綴れてしまう
バカだなあと思う
バックライトが目に痛い

くらくら
ぐらぐら

揺れてる


[PR]
by Rhymechang | 2016-09-26 09:27 | ひとりごと

ちいさくうたうなら

はんぶんのわたしと
ぜんぶのあなたが
こいにおちました

はんぶんのわたしは
ぜんぶのあなたを
せんぼうのまなざしで
みつめます

ぜんぶのあなたは
はんぶんのわたしを
いとおしいと
ほおなでるのです

いつまでもこのこいは
つづくとおもいました
こうやってふたりは
よりそっていくのだと

ながいあいだふたりでいると
はんぶんがぜんぶになったり
ぜんぶがはんぶんになったり
ぶんすうであらわす
ちいさなかずになったり
いろがかわったり
しつりょうがかわったり
ふたりはおたがいが
おもいえがいていたものでは
なくなっていることに
きがつきました

そしてそれは
たがいがえいきょうしあって
できたかたちだということにも

さいしょのふたりはもういません
でもふたりはいっしょにいます
はじめてあったとき
はじめてふれあったときよりも
もっと
あなたをあいしています






[PR]
by Rhymechang | 2016-09-24 10:06 |

時には本当の話をしよう

死にたくないのは
痛いのも
苦しいのも
辛いのも
おっきな飲みにくい
おくすりも
みんなキライだからで

死 は怖くない
たまに
火葬場で点火の後
生き返っちゃったら
怖いなあと思うけど

みんな
生まれたその日から
ずっと
少しずつ
死んできたんだから

怖いのは
吸っても吸っても
全然足りない苦しさや
無理してる心臓の悲鳴と痛み
身体の強張りと冷たさ
重くなる瞼
早くラクにして
って自分の声
全部
覚えてるから

手術が終わって
目を覚ました時の
あなたの顔
覚えてるから

怖いんだ
ずっと
怖いんだ










[PR]
by Rhymechang | 2016-09-24 01:33 | Others

Kiki

「魔女は血で飛ぶ」らしいよね
言葉を綴りたいって感情はどこから湧くのかな
少なくとも私は血では書いてないみたい
2人ともそんなタイプじゃないから

生まれてから今までに
手に入れたものでしか書けないけど
たくさん持っていても
書きたいと思わない人がいる
その動機を得るために
また別の要素が必要なんだろうな





かなり体調が思わしくなくて
頭が働かないために
なかなかupできていません
でも見てるよー
楽しみにしてる
君が書かなきゃ書かないよって
また言われちゃいそうだけど



[PR]
by Rhymechang | 2016-09-19 23:37 | 1213.ki

Beautiful Utika

確か人間の魂の重さが21gだとされる根拠は死亡直前と直後の体重差が21gだからだとか犬ではその結論を得ることができず人間の魂の重さは21gではないかとされこの不思議な現象を解明しようと現在でも研究がなされているとか
魂が肉体から解放されるその時が死亡時だとすると魂が肉体に入るのはいつなのだろう年齢や性別身体の大きさに関わらず人間の魂は21gだというのだからきっと私の重さは限りなく42gに近い21gエンベロープに糊付けして地球の裏側まで行けてしまう重さ
でも私は人間の体に巣食っているという宇宙に漂う星の数ほどの細菌やウィルスが宿主を失って途方にくれた溜息の重さが21gなんじゃないかと思ってる

[PR]
by Rhymechang | 2016-09-14 11:23 | 1213.ki

celebrate



謎解きなら解けないまま
そのまま解かないで

分かってしまった瞬間に
解放されたくないんだ

ずっとその問いに
支配され続けたい




[PR]
by Rhymechang | 2016-09-11 10:03 | 1213.ki

勘違いマーメイド




水中眼鏡ひとつ
手に入れただけ
それだけなのに
水の中の世界は
自分だけのもの
そう思えていた
みんながそこに
いたはずなのに
覚えているのは
声がずっと遠い
自分だけの世界
息さえつづけば
もっとかんぺき
退屈なんて言葉
知らなかったわ
君はマーメイド








[PR]
by Rhymechang | 2016-09-09 14:04 |

踊れない靴

あなたはわたしの光ですか
暗闇を照らしますか

それとも

明るいからこそ必要な光ですか
たくさんの光の中
何が本物か見分けるのは難しいから

あの太陽は本物ですか
月明かりはどうですか
熱を持たない照明に
ぼんやりみんなの顔を照らす
携帯の画面のライトとか

あのレストランの松明は
ガスの音がぼうぼう聞こえて
風の強い日はなおさら怖い

あなたがわたしの光ですか
わたしが見えない時も照らしますか
夜なのに昼だと嘘をつきますか



そしてフッと消えるんでしょう




[PR]
by Rhymechang | 2016-09-07 11:32 |

綿毛

春に咲く黄色の花が
綿毛を飛ばす時に感じる快感を思い
身悶える

それはきっと
これから果てる運命の
残されたものたちへの
最後の甘いご褒美

あの快感を再び得んとして
また芽を出すのだろう

何に変えたって
あれ以上の快感は
世にあるはずも無い

無いから
見つけてしまったら
つい飛ばしたくなるのだ

綿毛





[PR]
by Rhymechang | 2016-09-06 11:01 |