季節外れの線香花火



季節外れの線香花火
君がてのひらでそっと包んだ

冷たい風
オレンジ色の光
白い手
赤い頬
さっきベッドの中で君が言ったこと

ぜんぶ

燃やしてくれたらいいのに
燃え落ちてしまえばいいのに

でももしも
僕の願いが叶ったとして
君は刹那をもう一度試すんだろう

嬉々として







[PR]
# by Rhymechang | 2016-12-03 13:18 |

痛恨の一撃って




「タラレバ娘」を読んで
擦り傷に塩を塗られるような痛みに
のたうち回ってぜえぜえ言って

女なのに
女だから
女だけど

に振り回されて
今日もどっか意地はってカチコチしてる


[PR]
# by Rhymechang | 2016-11-25 09:00 | ひとりごと

no title





それなら、それで








[PR]
# by Rhymechang | 2016-11-14 00:09 | Others

#60




タイトルも、いいね





[PR]
# by Rhymechang | 2016-11-12 08:42 | Umitubameさんへ

才能

その天才が作り出す作品は
全てが全て
どの角度から見ても
完璧に美しかった

懐古主義的な誰かが彼を批判してやろうと
その作品を見にやってきたのに
虜になってしまった
それは 絶対的な美

直接的な表現ではない
しかし万人にメッセージが伝わる
何か特別なモチーフではない
しかし万人の印象に残る

天才は紛れもなく天才であった
しかし天才には
全く貞操観念というものが欠けていた
その事実が更に天才を天才たらしめた

今天才は14人の夫や妻に囲まれ
小さな田舎町に暮らしている




[PR]
# by Rhymechang | 2016-11-04 04:26 | ひとりごと

鼻歌に






嘘つきのウソはウソじゃない






[PR]
# by Rhymechang | 2016-10-30 01:45 |

であうからだ




時間に逆らおうと思ったことはないのに
重力には逆らいたくなる







[PR]
# by Rhymechang | 2016-10-24 12:16 |

小さな




こころを
なくしそうなよるは
あなたに
みつめられるだけでいい





[PR]
# by Rhymechang | 2016-10-18 13:00 |

後編


召し上がれ、と出されたスープを
犬みたいにお皿ごと舐めまわして
最後の一滴まで残さずに
飲み干したなら

じゃあ作ろうか

私のビー玉はガラスで作らない
その代わり型取りするから
完璧な球が必要
片手で持てる人が居るから
月で型を作る

それから取った型の中で
1液(過去)と2液(現在)をよく混ぜる
色を加えるならここで
私は鉱石を砕いて
欠片を注ぐのが好き
ガラスでもないのに
ホンモノを内包してるなんて最高
だから不純でもいいの
ああ 何色を加えても良いけど
透度の高いものにしてね
ごめん違った
糖度の高いものに

お気に入りは閉じ込めた?
後は紫外線に当てるだけ
こんな有害なものに晒されなきゃ
身を固められないなんてね

ううん なんでもない

後は待つだけ

時間が1番難しい
いつも
今も










[PR]
# by Rhymechang | 2016-10-10 07:47 | 1213.ki

ノスタルジィ



それは美しいビー玉を作る作業に似ている
少しずつ色を入れるんだ
不純物が混じらないように
いや混じってもいいよ
混ぜたくないのはもっと
別のものだから








[PR]
# by Rhymechang | 2016-10-09 11:58 | 1213.ki